FC2ブログ

皮膚科受診

昨日 午後から 身体中に 湿疹が。
それも 一つが小さい物でなく
お人形さんのホッペのような大きさで 綺麗な赤に近い桃色。

身体中に<おてもやんホッペ>が くっついたようである。
我慢できなくはないが 悪化すると厄介なことになりそう・・・と
朝、 皮膚科に行くことにした。

歯科以外の 病院って 何年振り???

もう一つの 狙いは、かかりつけ医を持たない私は
コロナワクチン接種の予約が とても・・・

この際 かかりつけ医となっていただいて 予約にありつけたら・・と

湿疹は どうも この芽吹き時 何かに触った可能性を指摘された。
( すぐに 植物に触るので・・・・・)
投薬と塗り薬が。

ワクチン接種は 当医院では 扱っていませんと・・・(トホホ)・・
何年も インフルエンザ予防接種 半額補助が支給されても
行ったことがないのだから・・・ゆっくりと・・・

・・・・・・・・・・・・・

受診後の 遅い ウォーキングで 懐かしい方に。
展望台で 10年以上も 会っていなかったかつての 山仲間♂。

お一人で 登ってみえたご様子。 
まだ 60代のはずだが・・・・
仕事は 完全リタイアされ  若年性アルツハイマーの奥様の介護の日々。
奥様が 施設に行ってみえる日中に 歩いてみえるのだとか。

お嬢様は 国際結婚 海外へ
孫が いるが 全く会えないと・・・
                  人生いろいろ。

スポンサーサイト



支離滅裂

先日 93歳の長姉と 久しぶりに 電話。
特に私も 忙しいわけでもないのに 日々
時間の経過の 早い事・・。

久しぶりとなった。

姉も この時期 野菜作りのことで
頭が いっぱいの様子。

元気で何よりだが 自分の身体が さっさと 動けないのが
何よりも もどかしいいようである。

何に困っている?の 質問に やはり
さっさと 用足しができないのが 情けない様子。

さっさと 出来ない分 粗相してしまうことも あるらしく
始末を していることが 想像できる。

いずれ わが身である。

それでも姉は 明るく 笑い飛ばして

<シリメツレツ>って この事だわ~と 笑わせる。

   <<長生きも 不自由さと共生>>

岩合光昭写真展

市の美術館の 催し
「岩合光昭写真展」 いつでも 行けると 思っていたら
今日まで・・・と 知った昨夕・

小雨の中 朝一で 出かける。
美術館の 屋外に 猫科写真パネルが 60点以上

20210516223644a36.jpg
           20210516223709c89.jpg

なんとも ほのぼのとした 猫たちの息づかい

こういう展示なら 何度も来たかった~
周囲は 森だから ウォーキングがてら 通いたかった。

てっきり 屋内展示と思っていたので 一度は‥程度に

ずっと 犬派の 自分だったのに
齢を重ねるにつれ 猫の魅力に どっぷり・・

実家の<トラ>ちゃんは 天国へ
姉宅の <なも>ちゃんは 南無阿弥陀仏から 
  (西は ナモアムダブツで)

一旦亭の <なむ>ちゃん 南無阿弥陀仏から

命名の 発想は 同じだった。

未草

広大な森の中 一軒家 
一旦亭の 主さんと 親しくさせていただいて
家庭で増えた山野草を たくさん移植させていただいた。

亭内
水路から丸木橋を渡ると 小さな島
主さんは ここを <千草島>と 名付けて 殊更 愛着のある
お花で埋め尽くしたい ご様子。
千草島には 器用な主さん お手製<水琴窟>もある。

友人Kさんは 自宅の池で増えた 未草を 移植。
主さんは 大喜び。
かつで 水連植えられた事があるが ザリガニで全滅の
経験ありで・・

今日 用事で伺うと 一花咲いていた。
20210515213333457.jpg20210515213408ec6.jpg

未の刻に 咲くから命名。
千草島で 咲いた一号花。

クレソン

一旦亭の一角
湿原の クレソンが 一面に広がる。
     20210514204013cbf.jpg

自然の中で 何とも言えぬ 雰囲気。
色とりどりの花が いっぱいの今
こういう群生地の 側にいると 何か 安らぐ。

素朴な風景。

久しぶりに力仕事した。
身体中の疲労感。

続きを読む

芍薬

亡父の 好きだった芍薬
実家から 株分けして わが家で 50年弱。
咲き始めた。
  
               20210513193546523.jpg
                        2021051217474278b.jpg
            202105131934574ca.jpg

亡父は、 牡丹・芍薬・八重咲の白椿 が好きだった。
「和漢三才図絵」 という 江戸時代の図説百科辞典によれば

牡丹は 別名 <花王>
芍薬は 別名 <花相> (宰相の相らしい)
に 次いで 三番目は 椿 だと 記されている。

これを知ったのは つい先日
「植物文様の民芸」 展で 知った。

地味な父だったが、
殊更 華やかなお花を 愛でた。

二人静

森ウォーキング途中
自生の二人静  数本のみ。
一時は 側の造成工事で 絶滅したかと 諦めていたが
何とか復活。

蕾を 付けた 三本と数本が健在。

  202105121748046de.jpg

来年 さらに 増えますように。

クリンソウ@猿投山

明日から緊急事態宣言。

遠出は今日のうちに。
遠出といっても 20K以内。
登山&温泉&民芸館 楽しんでおこう・・と。

今 クリンソウが 猿投山で旬と。
温泉Pから 出発。
4時間半 。静かな登山道 &お花を楽しむ。
   20210511212643c9e.jpg
             202105112127229a2.jpg

他に・タニウツギ・ヤマボウシ・ツクバネウツギなど。

・・・・・・・・・
温泉も 閑散と・・
一人の露天風呂・・

民芸館も 貸し切り状態。
贅沢な 時間を愉しむ。

タカノツメ

今日 9時 高齢者の コロナワクチン接種の
予約開始。

月曜 友人とのウォーキング。
出会う人の少なさ・・・

どうも ワクチン予約の為だろう。
皆さん 必死なのだ。

タカノツメのお花 満開。
こんなに 咲いているのは 初めて。


        202105101951382d4.jpg

お昼には すでに
電話・ネット本日分の予約は終了していた。

オープンガーデン

6日 午後 友達の知り合いのお宅
オープンガーデンへ。
自営の鉄工所の奥地
ブドウ畑 から 森へと通じる一角に建つ
ログハウスと周辺のお庭。

鉄工所らしい アイアンアートの世界。

すっかり 非日常の世界へ誘われた 数時間。
           20210507181653ecd.jpg


           20210507181618ae5.jpg


          20210507181848892.jpg
          20210507181931805.jpg
          20210507182008a7d.jpg
          20210507182108051.jpg
プロフィール

やまぼたん

Author:やまぼたん
☆子ども達は巣立ち、仕事も卒業。
☆往復3000歩の曹洞宗の古刹 龍渓院へ通う日々の暮らし。
☆嬉しい・楽しいアラセブン日記です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR